抗ヒスタミン薬 第一世代 第二世代 副作用

抗ヒスタミン薬の第一世代と第二世代の違いや副作用
スポンサーリンク

抗ヒスタミン薬の第一世代と第二世代の違いや副作用

抗ヒスタミン薬はくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみといった、既に出てしまった花粉症や、アレルギー症状を緩和するためによく使われています。
抗ヒスタミン薬は「第一世代」と「第二世代」があり、「第二世代」はさらに1型と2型に分類されます。

 

「第一世代」のほとんどは「マイレン酸クロルフェニラミン」と呼ばれる薬効成分が使われています。
市販されている抗ヒスタミン薬は「第一世代」が多く、簡単に言うと、初期型の成分で構成されいます。
この成分は鼻炎薬だけでなく、風邪薬などにも使用される場合があります。
第一世代の抗ヒスタミン薬は副作用として、眠気や鎮静作用などの「中枢神経抑制作用」や口の渇き、胸やけといった「抗コリン作用」が起こる場合があります。

 

「第二世代」の抗ヒスタミン薬では「第一世代」での眠気をはじめとした副作用の軽減が特長です。
また「第一世代」では一成分で、抗ヒスタミン作用のみの効能ですが「第二世代」は抗ヒスタミン作用の他に、抗アレルゲン作用や、穏やかな抗炎症作用などの成分を含んだものが多く、機能性に優れています。

 

「第二世代」には1型と2型がありますが、市販薬の成分には1型の「フマル酸ケトチフェン」が使われていることが多いです。
この成分は病院でも処方される内服薬や点眼薬(目薬)にも含まれています。
そして、2型は1型よりもさらに副作用が軽減されているようです。

 

2型で有名な抗ヒスタミン薬は薬局でも購入できるようになった「アレグラ」があります。
アレグラには「フェキソフェナジン塩酸塩」という成分が使われていて、ほとんど眠気や口の渇きといった副作用が少ないことが最大の特長です。
アレグラは第一類医薬品として販売されていますが、薬剤師による情報提供が義務づけられているので、購入の際は薬剤まで申し出る必要があります。

 

以上の薬は症状や体質により効果や副作用が左右されることが多いようです。
確実なのはやはり医師の診断のもと、自分に合った薬を処方してもらうことです。
花粉症であれば耳鼻咽喉科やアレルギー科の分野となります。
内科でも診察や薬の処方はしてもらえるようです。

 

第一世代抗ヒスタミン薬

商品名

成分

タベジール

フマル酸クレマスチン

レスタミン

ジフェンヒドラミン

ポララミン

マレイン酸クロルフェニラミン

ヒベルナ

プロメタジン

アタラックス(P)

(パモ酸)ヒドロキシジン

ホモクロミン

シプロヘプタジン

ペリアクチン

シプロヘプタジン

 

第二世代抗ヒスタミン薬(1型)

商品名

成分

アゼプチン

アゼラスチン

ゼスラン

メキタジン

セルテクト

オキサトミド

ザジテン

フマル酸ケトチフェン

ダレン

フマル酸エメダスチン

 

第二世代抗ヒスタミン薬(2型)

商品名

成分

アレグラ

フェキソフェナジン

アレジオン

エピナスチン

アレロック

オロパタジン

クラリチン

ロラタジン

エバステル

エバスチン

ジルテック

セチリジン

タリオン

ベシル酸ベポタスチン

 

<出典>
【妊娠・授乳】花粉症を抑えるアレグラの3つの注意事項!